Clicky

スエトニウス

スエトニウス

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> スエトニウス

スエトニウス
スエトニウスは紀元117−138年まで君臨したローマ皇帝ハドリアヌスお付の歴史家件秘書でした。彼は皇帝クラウデウス(紀元41−54年)と紀元49年に起きたローマの暴動についてこう言っています:

    ユダヤ人たちはクリスタス(キリスト)に唆されて絶えず騒動を起こすので、彼(クラウデウス)はクリスチャンたちをローマから追放した1
興味深いことに、追放された後パウロがイタリアでアクラと彼の妻プリスキラに会う関連性のある記録が使徒の働き18:2に書かれています。

後にスエトニウスは、紀元64年、ローマの大火についこう書いています:
    新種のふざけた迷信を信じるクリスチャンの上にネロの刑罰が加えられ、彼らを苦しませた。2
マラバー・セラピオーン、シリアの禁欲的哲学者で、この手紙は多分紀元70年後幽閉場所から彼の息子宛に書いたものと思われる: ul> ソクラテスを殺したアテネ人たちに何の益があったのか?彼らの上に下った裁きは激しく襲った飢饉と黒死病である。ピタゴラスを火あぶりにしたサモス人たちにどんなことが起きたのか? 彼らの地は一瞬にして砂に覆われた。知恵ある王を処刑したユダヤ人たちに何の益があったのか?彼を処刑した直ぐ後に、ユダヤ人たちの王国は消滅した。神はこの三人の知者の恨みを公平に裁いてくれた:アテネ人たちは飢餓で死に;サモス人たちは海に打ちのめされ;ユダヤ人たちは傷つき自分たちの国土から追われ完全に分散した。しかしソクラテスは完全に死んではいない;彼はプラトの中に生きている。ピタゴラスは完全に死んではいない;彼はヘラの中に生きている。知恵のある王も然り、死んではいない;彼は彼の教えの中に生きている。3 この手紙はイエスを“知恵ある王”にしています。著者はソクラテスとピタゴラスをイエスと同じように扱っているので、彼がクリスチャンではないことが一目瞭然です。しかし偏見を省いて歴史的イエスと教会にとっては価値ある手紙と言えます。

ルシアン・サモサタは、2世紀のギリシャ哲学者です。現在残っている記録は皮肉的ではあるが有力な“非宗教的分野からの聖書の情報”です。
    クリスチャンが今日に至るまで人間を礼拝しているのはあなた方の知るところです -- その人物は変わっていて新種の慣習を紹介しました。その人は自ら進んで侮辱的な死を選び取り...十字架にかけられました。その結果、死に導かれた者達はさらに強い確信を得ました。それ故その人は彼らの間で永遠に生き;彼らは悔い改めたそのときから自分たちが信じる真の支配者が共通していることで互いに感銘し合い信者全員は兄弟になります。彼らの人生は十字架刑になった聖人を礼拝し彼の教えに従い、ひとりひとりの信仰はかなり強く、ギリシャの神々を拒絶するだけでなく世界中の神々を忌み嫌います。4
なんともあまり好ましい記録ではありませんが、しかし紀元2世紀に生き残ったキリスト教と教会と、そしてイエス・キリスト(“十字架にかけられた聖人”)を立証しているのは明確です。

もっと読もう!

1 スエトニウス、クラウデウスの生涯25.4.。マクドウェルの。新しい証拠が答えを要求する、121-122.も参照。
2 スエトニウス、クラウデウスの生涯26.2. 参照、上に同じ。
3 イギリス博物館、シリア語写本。14, 658 イーストマンとスミスの救い主を探求する。251-252.も参照。
4 ルシアン・サモサタ、“Pelegrine の死”ルシアン・サモサタ言葉。ボリアム4.H.W.ファウラーとF.G. ファウラー訳。クラレンドン出版、1949, 11-13.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


イエスとは誰ですか?

クリスチャンの宗教/本当の関係
死海文書について
信仰とは何か?
イエス・キリストの復活
イエスは神なのだろうか?
史実に基づくイエス
メシア預言
コルネリオ・タキトゥス
復活の証拠

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add スエトニウス to My Google!
Add スエトニウス to My Yahoo!
XML Feed: スエトニウス
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.