Clicky

哲学的人生観

哲学的人生観

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 哲学的人生観

哲学的人生 – 普遍的立場から見た自分探し
長い時間があれば何かを築く可柏ォも多くなります。例えばコロラドの山に行こうと計画すれば、携帯、カメラ、コンピューターで自然の由来とその情報を得ることができます。単純な生物であるバクテリア属でさえこのような生命のない器具(しかし複雑な器具)より複雑にできているのです。殆んどの人は私のコメントに“ばかげている”と思うか、どうしてですか?と答えるかのどちらかでしょう。しかし生物にしても無生物にしてもその複雑なデザインを否定することはできません。

私は腕にはめたデジタル時計を眺めながら、互いに依存して働いているシリコン片、ワイヤー、発光ダイオード(LED)侮ヲの概念を熟考せずにはいられませんでした。今日の標準的テクノロジーは事実簡単に出来ています。しかし、告}を考えたデザイナー達から機械技術者に、その後生産のためにオートメーションスペシャリストに送られる手順を考えてみたことがありますか?

注意深く腕時計を見つめると、その簡素に見える腕時計から満足感が伝わってきました。それから自分の皮膚と毛嚢を目に近づけて良く見ました。そして触ってみました。私の神経はその感触を脳に伝えました。それから微細に告ャされた一つ一つの細胞をじっくり見ました。それは複雑な細胞都市のように見えました。そしてそのようなことを熟慮する素晴らしい脳について思いを巡らしました。皮膚の下にめぐらされた血管について考えてみました。私の心臓は鼓動し酸素が送られ皮膚の下にあるそれらの血管が私の手と腕を保っていることについて考えました。私の肺が息を吸ったり吐いたりして心臓に酸素を送り込んでいることについて考えました。

それから自分の手首を曲げてみました。次に1/1000秒という驚くような速さのコミュニケーションを考えました。また何かを考えると -- 私の脳は潜在意識で肉体にその任務を伝達して指示します – 神経システムが私の手首にその任務を伝えます – すると私の手首はその任務を完璧に行ないます。何でもないように見過ごしているこのような事柄を熟考したことがあるでしょうか。このような相互接続システムが、どうして長い時間をかけて徐々に、無作為に発達すると言えるのでしょうか?

消化器官 – 消化器官が何百万年かけてどうやって徐々に進化したのでしょうか? 処理するのに必要なエネルギーなしで、どのように最初の先祖が実在し得たのでしょうか?生殖器系は二つ – 冗談じゃありません!何百年かけてどのように自然淘汰や遺伝変種で無作為に進化したと言うのですか? 第一に再生する手段がなくて遺伝形質をどうやって新しく改良できるのですか?一つ一つ理由を挙げていたらきりがありません。ついに私はこのように考えたのです!

前述の調査から私たちは先入観を捨てる必要があるという新しい人生観を学びました。先入観を捨て、偏ることのない目でこの情報を深く考えてみてください。これらの情報は“形而上学”的(推論に基づいた)ですか? だからと言ってなぜ論理的な証拠調査を阻止するのですか?科学とテクノロジーはどうしても自然主義の中に存在するという概念はどこから来たのですか?それは科学の真理ではありません。証拠を観察しながら、前提を生み出し、種々の方法を用いてその前提を調べるのが真の科学です。真の科学に哲学的前提の余地はありません。もし科学が物理的過程から明らかにされないなら、その科学は哲学的考えと推論に基づいた考えに偏っていることになります。

I.L.コーエンは数学者、研究者、執筆者、そしてニューヨーク・科学アカデミーと考古学インスティトゥーの役員です。彼が執筆した、ダーウィンは間違っていた – 確率度の研究、でこのように言いました:

    ある意味で、進化論支持者と創造論支持者の討議は限界である。今や現実は、科学者同士が、科学の目的 対 根深い偏見 -- 事実 対 想像 -- 論理 対 感情問題、で対立している状態である。1

    ...しかし最終的結果がなんであろうとも - 延々と崇拝されてきた誤った概念を廃棄しなければならなくても – 突き詰めた分析において科学的目的と論理が主流となっている。2

    ...結局のところ、進化論を弁護して最後の最後まで間違った理論を押し通したり -- 非論理的で裏づけのない推論だと言っても...もし公平な目で科学的論理を進めて行くなら、超人的知狽ノよる創造と言う答えが私たちの困惑を解決する。長い間私たちの首を絞め続けて、がんじがらめにしたダーウィンの臍帯は今切り落とす必要がある。3

    ...進化論によって展開された全ての理論(その後修正された)は微生物学、化石層、そして数学的蓋然性概念によると、科学的既成の事実ではなく推測にすぎない。ダーウィンは間違っていた。4

    …進化論は科学界の犯した最大の間違いだった。5

次のページに進む!

1 I. L.. コーエン、ダーウィンは間違っていた - 確率の研究、New Research Publications, Inc.、1984, 6-7.。
2 同、8.
3 同、214-215。
4 同、209。
5 同、210。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

偶然発生
進化論
化石記録に伴う問題
微生物
化石の記録
細胞
インテリジェントによるデザイン
単純化できない複雑性
生命の創造

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 哲学的人生観 to My Google!
Add 哲学的人生観 to My Yahoo!
XML Feed: 哲学的人生観
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.