Clicky

微生物

微生物

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 微生物

微生物 – “単純”の奇蹟
最初の単純な微生物はロックスープ(石のスープ)から発生したと言う考えが今日の進化論であるなら、“単純な”微生物をどのように説明するのですか?本当に単純の存在などあるのでしょうか?最初の有機体を含めて全ての有機生命は燃料を合成し、エネルギーを発生し、種類ごとに繁殖し、その他多くの働きを備えているはずです。

では何を“単純”と見なすのですか?

卵子が受精する受胎の瞬間は単純であるかのように見える、しかし針の頭くらいの大きさで一定の形を持たない微小な単一細胞は60億相当の“化学文字”を備えその情報を本にすると1,000冊分、500ページ分の厚さになる。それらの情報は顕微鏡でなければ観察できないほど微小だ。1受胎と同時にひとりひとりの性格の特徴を築くDNAの働きは驚異的だ。受胎した後単一細胞は1時間以内に増殖して繊毛の推進力システムに成長し受精卵を子宮へと運び(現在"zygote"接合子と呼ばれている)、さらに(この時点で“胎児”と呼ぶ)6日以内にその図書館的情報が100倍以上に増殖する。最終的にゼラチン質の最初の塊は人間の体を形作るのに必要な30兆の細胞に分割される。この時点で、もしDNA化学物質の“文字”を本に印刷すると、グランドキャニオンをほぼ50回うめ尽くすほど膨大な量になる。2

その通り、“単純”と言えるものは何一つない...

しかし人の卵子だから単純ではないとも言えます。では本題に戻り自然の中に存在する単純な有機生命を見てみましょう。

“単純”なバクテリア属はどうなのでしょうか?

“単純”なバクテリウムの一部分だけを見ても運動作用が観察できる...

“細菌性べん毛”と呼ばれる推進性バクテリアは微生物の世界。細菌性べん毛は、固定子、駆動軸、U-ジョイント、プロペラを含む約40の異なったたんぱく質で成り立っている。大幅に進歩した21世紀のテクノロジーのおかげで、今日私たちは単純なバクテリア属は微小な船外機を備えていることも認識している。そのミクロモーターは100万 rpm(rpm は1分間あたりの回転数)の速度で走り、またミクロ次元で完全にストップできるのを、5万倍の電子顕微鏡写真が確認している。事実、四分の一回転でストップし、次にギアーを変えて100万 rpmの速度で全く反対方向に走ることができる。 べん毛モーターは水冷式でバクテリア属が周囲の環境を知覚機高でフィードバックできるように配線されている。3

驚異的です!私の頭で理解している船外機とどう比較したら良いのだろうか?電動機のデザインはエンジニアーの指示のもとに設計され製造されたのでしょうか? 勿論です! 最も微小で且つ私たちの知っている船外機の千倍効率的で且つ最も微小なのがバクテリアのモーターです。21世紀のテクノロジーの全てを用いても、このような複雑で驚異的ミクロ機械を製造することはできません。

次のページに進む!

1 A.E.Wilder-Smith, 自然科学は進化論を知らない、T.W.F.T.出版社、1981年、82。
2 Mark Eastman and Chuck Missler, 時間と空間を越えた創造主、T.W.F.T.出版、1996年、84。
3 多くの科学者は生命の謎を解明できない:科学的立場から見た“知狽ノよるデザイン”Illustra MediaによるDVDドキュメンタリー、2002年。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

化石記録に伴う問題
進化論と化石記録
哲学的人生観
DNA分子
宇宙の起源
進化論
生命の創造
微生物
単純化できない複雑性

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 微生物 to My Google!
Add 微生物 to My Yahoo!
XML Feed: 微生物
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.