Clicky

イスラエルの遺跡

イスラエルの遺跡

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> イスラエルの遺跡

イスラエルの遺跡
紀元前1230年頃の物と判断される象形文字で掘り込まれた7フィートの石柱、イスラエルの遺物“メネプターの石柱”(イスラエルの石柱とも言われる)から始めましょう。エジプトの記念碑にはパロ・メネプターの軍隊の勝利と非宗教的分野から始めて“イスラエル”について言及されています。しかしながら石柱に掘り込まれた特定の戦いは聖書に記録されていません。この石柱は紀元前1230年既に居住していたカナン人と共に住んでいた聖書の外のイスラエルに関して言及していあと思われます。1 さらにその石柱とともに、エジプト人と古代イスラエル人の戦争の様子が描かれたルクメ[ルのカルナック神殿(古代テーベ)の巨大な壁も発見されました。紀元前1209年頃とされる戦争の様子はパロ・メネプターの特性と、2 その後約280年に勝利を得たパロ・シシャクの軍隊も描かれています。特に“シシャクのリレーフ”には紀元前925年頃ユダにあるャ鴻c唐フ神殿が略奪された戦いでレハブァム王に勝利したエジプト軍が描写されています。3  これと全く同じ戦争は旧約聖書の二巻に記録があります。4 

エジプト以外でも初期古代イスラエル民族の豊富な証拠が発見されています。死海の東、ディボンの近辺では3フィートの“モアブ人の石碑”(メシャの石柱とも言われる)が発見され、紀元前850年頃のモアブ人を支配していたメシャ王について説明しています。5 モアブ人は古代イスラエル人と隣り合わせて住んでいたと創世記に書かれています。6 この石柱はモアブと戦ったイスラエルのアハブ王とオムリ王の勝利とその後アハブ王の子孫との戦いに勝利したモアブ人メシャ王の勝利の画像で覆われています。7 “シャルマネセルの黒いオベリスク”の四面、7フィートの玄武岩石柱には、アッシリアの王シャルマネセルIII世がテラ、シドン、そして“オムリの息子イエフ”を打ち破った光景が描かれています。現在イギリスの博物館に保存されているオベリスクはニムロデの北宮殿で発見され、そこにはイスラエルのイエフ王がアッシリアの王に身を低くして賛辞を捧げている様子も描かれています。8

このように、古代イスラエル民族の存在が立証されました。しかしながら、聖書で言及している特別な人々と出来事は一般的な歴史論と大きな違いがあります。ユダヤ人にとって旧約聖書のダビデ王と彼の息子ャ鴻c悼、は非常に意義深いのです。イスラエルの考古学と遺跡は同様にその当時の王政と文化も支持するのではないでしょうか?

私の読んだ一冊の本には、歴史上ダビデ王は存在しなかった、と書かれ、また他の意見は、ユダヤの君主政治を英雄的に伝統化するため、“ダビデの伝説”を確立した、とありました。全く驚くべき論説です。

最も信頼される歴史家キャサリ-ン・ケンヨン(Kathleen Kenyon)の声明は信頼と喜びに溢れるものでした:

    驚くことに、多くの人々にとってダビデとャ鴻c唐ヘ旧約聖書からの情報以外には依然として謎なのです。パレスチナまたはその近辺の国々でも彼らについて言及している記録は未だに発見されていません9


聖書で言及している人物の全員と全地域の歴史的証拠を発見しなくても結高ナす。しかし私にとってダビデ王は非常に大きな存在です。聖書の中で彼の名は1,048回、彼については62章言及され、彼によって書かれた旧約の詩篇は恐らく73篇に及びます。このような素晴らしいダビデ王についての証拠をもっと探求したくなりました…

1987頃前記のケンヨンの声明後、ダビデ王に関して有利な古代の聖書記録が発見され、私は大きな安堵を覚えたのです。

1993年、考古学発掘調査隊は古代都市ダンで“ダビデの家”に関する石碑文を発見しました。この“ダビデの家の碑文”は聖書外(非宗教的)で初めて発見されたダビデ王に関しての記録です。10 特にこの石碑はダビデの治世の200年後にダマスカスにおいて勝利した“ダビデの家イスラエルの王”について記されています。その後年間を通して同じ場所で石碑の他の部分が発見され、既に発掘された他の部分と継ぎ合わせることに成功しました。その布告の内容は:“私はイスラエルの王アハブの子ヨラムを殺した、またヨラムの子ダビデの家のアハズを殺した。”この出来事は聖書の記録としてダビデ王の年代記の書に記されています。11

イスラエルの考古学は強力に立証されました!

もっと先を読む!

1 プライス。その石が叫んでいる。145-146。ハース。考古学と旧約聖書。228-229。
2 ハース。考古学と旧約聖書。230。
3 同、301-302。
4 第一列王記14と第二歴代誌12.
5 ハース。考古学と旧約聖書308-310。
6 創世記19.
7 第二列王記3.
8 ハース。考古学と旧約聖書、321-22、第二列王記9-10も参照。
9 キャサリーン・ケンヨン、聖書と最近の考古学、rev. ed.。ジョン・ノックス出版社1987, 85。
10 プライス、その石が叫んでいる。166-67。
11 同、167-72。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


聖書は真実なのか?

ルカの福音書
ヨハネの福音書
聖書写本
聖書の歴史
古代イスラエル
聖書考古学
預言の力
聖書の預言
古代メソ¥ポタミア

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add イスラエルの遺跡 to My Google!
Add イスラエルの遺跡 to My Yahoo!
XML Feed: イスラエルの遺跡
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2017 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.