旅路についての全て

旅路についての全て

 - - いったい私に何が起きたのか?

イエスとは誰ですか?



  • イエスの十¥字架刑: 新約聖書に記録されているローマ政府にる残忍な極刑は正確に描写されています。歴史上の証拠を調べて見ましょう。
  • クリスマスの起源: その根源、クリスチャンの祭日の伝統と論議。聖書の記録。キリストの誕生の単なる意味と重要性
  • イエスは神ですか?: イエスは嘘つき、精神錯乱者か、または本当に私たちの主、イエスに関してこの三つから判断することができます。
  • 奇蹟の癒し: なにをブツブツ言っているのですか?マスコミに目を向ける代わりに、聖書に目を向けましょう。キリストの奇蹟は検査合格です!
  • イエスに関しての証拠: 考古学の立場からイエスに関しての証拠はありますか? イエス・キリストについての歴史的事実と証明される遺物、または実際の遺跡はあるのですか?
  • ユダの福音(新約聖書のユダの手紙とは全く別のものです。)?iラャr ニ 2_ツ9ェY ツ]23祟& &)゙ R A‾ 2_イ &  >F ヲ ェ RI ゙ ^ ョ  ゙ ヲ
  • キリストの再臨: その時のしるし。誰も、どの緋の何時に再臨が来るか知りませんが、注意深く見張るように言われました。
  • イエス・キリストとは誰ですか?: ナザレの小さき者からイスラエルの奇蹟的伝道へ、そして世界を変えたかれの影響
  • イエスの十¥字架刑: 歴史の起源と目的。この刑罰の詳しい方法を調べて見ましょう。イエス・キリストの庶嚔ヒ刑の学び
  • ルカの福音書: 歴史的イエス・キリストについて正確な第三番目の福音。イエスの教えの学びと旧約聖書にあるイエス・キリストについての預言の成就。
  • イエスならどうするでしょうか?: 流行、または人生の真の羅針盤の選択か? あなたがどれだけイエスを知っているかにかかっている。今発見しよう!
  • 歴史に基づくイエス: 新約聖書の記録を再解釈する間違った運動。最近の証拠は実のところ、かってないほど聖書の真実性を確立しています。
  • イースターの起源: 歴史上ただ一度の出来事、復活のイエス・キリストについては旧約聖書でメシア、過ぎ越しの祭りの子羊として予¥言されています。
  • セント・トマスの福音: 誰が書き何が書かれているのでしょう?聖書の最後の書か、それとも廃棄されたグノスティックの書?
  • イースターの起源: 復活の日はクリスチャンの記念。古代の異教が根源である祝い。キリストの十¥字架刑と復活についての真理。
  • ヨハネの福音書: イエスの人生に関しての直接の報告。意義のある概要と構¥成。現在と永遠の霊の主題。
  • マタイの福音書: マタイの福音書は簡潔ではあるが充実した歴史の情報と、概要と、構¥成と、意義と、偉大な任命が含まれている福音書です。
  • イエスは神: イエスの神性について言われている聖書的立証を学ぶ。かれは神ですか?この概念が今日私たちにとって、なぜそんなに重要なのですか?
  • 復活のキリスト: キリストは実際に十¥字架の上で死んだのですか?かれの墓は本当に空だったのですか?かれは死んだ後本当に現れたのですか?次に証拠を挙げてみます!
  • イエス・キリストについての全て: 彼の誕生と、ミニストリートと、死と、そして復活について学びましょう。 この世での彼の人生の重要性と彼の生涯があなたにどのように関わるか学びましょう!
  • クリスマスの起源: 誕生の預言。計画の解明。全人類の救い主。あなたはやがて来るクリスマスに最高の贈りものを待ち構¥えているのではないでしょうか?
  • マルコの福音書: マルコの福音は簡潔で完全な情報の、概要と、重要性、から構¥成されており、さらに復活が含まれた聖書による歴史です。
  • イエス・キリスト: 真理の発見。科学的証拠からイエス・キリストを再調査する。かれは私である(わたしはわたしである)と言ったことについての解明。
  • イエスは主: イエスは恵みと謙遜を通して御自分を主であると主張した。かれは主と呼ばれる代わりにあらゆる人々の非難を容認した。
  • イエス・キリストの庶嚔ヒ刑: イエス・キリストの庶嚔ヒ刑:イエスが死んで葬られ復活した出来事を学びましょう。この出来事のあなたへの意義?
  • キリストの復活: キリスト信仰の重要な部分。歴史的真相の劇的な証拠:別な聖書的文献、証し、殉教、そして迫害。
  • イエスの奇蹟: キリストの奇蹟の目撃者全員による証し。かれは自然の法則の外にも働かれた。これらの事柄から現在私たちは何を学べるか?
  • 驚くべき奇蹟: それぞれの奇蹟の出来事が判断される方法は、歴史の出来事が判断されると同じように証拠と目撃者を基にしなければなりません。
  • キリストの立場: 追求者に耳を傾け、確認する。メシアだと主張するイエスとその証拠。今日その証拠を分析して見ましょう!
  • 聖誕: 聖誕について聖書的重要性をこの映画の中から学んで見ましょう。イエスの誕生にまつわる話とは?
  • イエスの祈り: イエスがかれの父に祈った祈りから学びましょう?この地上での私たちの人生の志願を発見してみましょう。
  • イエスの称号: なぜイエスには沢山の称号があるのでしょう、それらの意義は何でしょうか?これらの称号はあなた個人にとってどんな意味がありますか?
  • イエスの復活: 復活を簡潔に信じるには、標準規則にあてはめて証拠をみます。多角的に信頼性のある目撃者の証言を発見しましょう。
  • 復活: 今日、信者にとって復活がなぜ重要なのかみことばを読みましょう。ローマ6章からの学び。
  • イエスって誰ですか?: 聖書ではイエスは100%人間で、100神であると言っています。天国への道は唯一つであると教えています。
  • ユダヤ人の伝統: イエスを取り巻く歴史的出来事を否定することはできません、しかしユダヤの伝統とリーダーたちからイエスについての立証が得られる。
  • ガイウス・プリニアス(若いプリニー): 紀元111年、ローマ管轄のビサニア地方知事。彼はトラヤヌス皇帝にクリスチャンの刑罰についての手紙を書いた人。
  • イエス・キリストの復活: 聖書的キリスト教の土台はキリストの復活、従って彼の生涯と死も復活と同じように重要である。
  • キリストについての言い分: サイモン・グリーンリーフ、サー・リオネル・ラックフー、リー・ストロボ、とその他の人々は当然の論議に従い慎重に吟味しながらその証拠に取り組んでいる。
  • イエスの奇蹟: もし実在の超自然的創造主を受け入れるなら、福音で説明されているイエスの奇蹟は当然として受け入れることができる。
  • イエスは神なのだろうか?: イエスは特別な主張をした。彼は自分自身を神であると宣言した。他の神でもなく、神に似たものでもなく、神が人の形をとって来たと主張した。
  • 史実に基づくイエス: 史実に基づくイエスとは?イエスは、偉大な人、偉大な教師、偉大な預言者と呼ばれた。
  • 死海文書について: 驚くべき写本の発見は今日私たちが読んでいる旧約聖書が2,000年前のものと実質上同じであることを立証した。
  • 自己達成的預言: 聖書の預言は本当に特別なのだろうか? 非宗教界では預言の成就について、新約聖書の出来事を逆に旧約聖書の預言に当てはめたものだと信じているのだろうか?
  • メシア預言: ユダヤ民族と全世界の救い主来臨に関する古代ユダヤ聖典に記録されている預言集。
  • フラビウス・ヨセフス: 彼は一世紀の歴史家として三代のローマ皇帝に顧問として仕え、新約聖書の出来事を非宗教的側から記録した。
  • スエトニウス: 彼はローマ皇帝ハドリアヌスに仕えた歴史家で聖書の出来事を記録した。マラバー・セラピオーンとルシアン・サモサタ。
  • クリスチャンの宗教/本当の関係: 聖書的なキリスト教とは、宗教ではない - 御子であるイエス・キリストを通して神を見出し神と親密な関係を築く。
  • イエスについての預言: 旧約聖書で約束している救い主(メシア)の約束は本当に新約聖書のイエスなのか? 事実を調べてみよう。
  • 信仰とは何か?: 私は歴史の上に確かに起きた出来事はあると信じるが、だからと言って信仰が今日の私の人生になんの意義をもたらすのか分からない?
  • 空になった墓: 大多数の学者が空になったキリストの墓に同意している - 聖書ローマ人への手紙の中にユダヤ人たちの反応を見る。
  • 復活の証拠: 復活したイエスを目撃した人々の証言とそれに続く殉教は、イエスが復活したと言う確固たる保証となる。
  • コルネリオ・タキトゥス: 紀元64年、皇帝ネロによるクリスチャンへの迫害について記録した古代ローマの偉大な歴史家。
  • クリスチャンへの迫害: 信仰の故に死を選ぶのは別、しかし数多くの目撃者が嘘の故に死を選ぶなどとは全くあり得ない。ドラマティックストーリー!

道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.