Clicky

死海文書について

死海文書について

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 死海文書について

死海文書について
死海文書とはなんでしょうか? 死海文書は最近の歴史的遺物の中で最も驚異的発見です。1947年から1956年までの間に死海文書が発見された11の洞窟は、エルサレムから東に13マイル、海抜1,300 フィートの乾燥地域で死海の北西沿岸に面しています。死海文書は約825から870の別々の巻物で幾千に及ぶ侮ヲの断章から成っています。銅に書かれたものが一つとパピルスに書かれたものと、その他は殆んどが動物の皮に書かれていました。全体はへブル語で告ャされていますが、ギリシャ語とアラミック語で書かれてものもありました。

死海文書はユダヤ教の宗派エッセネ派のものと見られています。1950年代、洞窟付近で廃墟と化した古代のクムラン集落が発掘され、そこで発見された文書とエッセネ派の関連性が立証されたからです。ローマ軍が侵入した時、ユダヤ人たちの最初の反抗として知られる闘争(紀元66−70年)のとき、死海文書が洞窟に隠されたものと思われます。

死海文書は -- 聖書的とそうでないものの二つに区分できます。エステル記を省くユダヤの写本(旧約聖書)の全ての文書が発見されました。イザヤ書19書と趨ス記25書と詩篇の30書が確認されています。最も素晴らしいメシア預言が含まれている“イザヤ書”は全く損なわれず発見されました。死海文書のは今までのイザヤ書写本に比較すると1,000 年古いものです。

古文書学を含む筆写と炭素14測定と多くの年代測定法から、死海文書は紀元前200年から紀元68年までの間に書かれたものと判断されました。特に重要な写本(詩篇22、イザヤ53、イザヤ61等)は紀元前100年までに書かれてものと判断され、また同時に旧約聖書のメシア預言批判に大変革をもたらしました。クムランの聖書記録はマャ塩{文と“70人訳聖書”、そして今日私たちが読んでいる数多くの旧約聖書の訳と実質的に合致しているのです。

凄い発見です! 歴史的に立証されるために必要なもう一つの証拠が現実となりました。今日の旧約聖書に含まれているメシア預言は、イエスがこの地上にいたときも事実存在していたという劇的な証拠を得たのです。事後考案ではなく...陰謀でもなく...イエスはユダヤ人のメシア(救い主)の必要条件を備えた成就の証拠です。

私の考古学調査は逆戻りしました...死海文書は乾燥した環境の中で約2,000 年間誰にも触れられることなく、日の目もみずに完全な形で保存されていました。1947年べトウィン族の羊飼いは歴史上最も重要な遺物の上につまずいたのです。死海文書発見の一年後、ユダヤ民族は再びイスラエル国家を築き紀元70年以来の長い長い流浪の民に終止符を打ったのです。このように数多くの預言は歴史上重要な出来事として驚異的確率で成就しました。

私はただ驚嘆するのみです! 死海文書とは? 私にとって死海文書自体がタイミングの鍵がかかった扉なのです。今日使われている旧約聖書はイエスがこの地上に現れる前に既に存在していた文書と実質的に同じである事実が私に最大限の確信を与えてくれました。従って、到来のメシアに関する300 に及ぶ旧約聖書の預言は、新約聖書の執筆者が現れる前にはっきり認められていたのです。

私たちは歴史上素晴らしい時期に生を受けているのです...

続けて調べよう!

1 プライス著 死海文書の謎、1996年参照:アイゼンマンとワイズ。迄Iした死海文書。1994年;ゴブ、誰が死海文書を書いたのか?1995年;ワイズ、アベックとクック、死海文書、新約聖書1999.
2 例証、イザヤ11:11−12、エゼキエル37:21−23、エレミヤ23:7−8.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


イエスとは誰ですか?

イエスは神なのだろうか?
史実に基づくイエス
イエスについての預言
スエトニウス
クリスチャンへの迫害
ユダヤ人の伝統
クリスチャンの宗教/本当の関係
キリストについての言い分
メシア預言

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 死海文書について to My Google!
Add 死海文書について to My Yahoo!
XML Feed: 死海文書について
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.