単純化できない複雑性

単純化できない複雑性

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 単純化できない複雑性

単純化できない複雑性
現在リーハイ大学(Lehigh University)で生物化学を教えていマイケルJ Beheはバクテリア属の細菌べん毛モーターのような現象をともなう分子組織のデザインについてこのような重要な発言をしました、“その単一システムは幾つかの高性能な組織を保有し、基礎的働きを誘導する相互的部品、さらに効果的な働きを阻止しようとする妨害物も取り除く“単純化できない複雑性”を備えている。″1

機械的電動機のようなべん毛モーターについているそれぞれの部品は全機能を司るために絶対必要です。従って、細菌性べん毛の部品が徐々に発生したと言う進化論と自然主義解釈は非論理的です。なおまた、機械的または生物学的に船外機が備えている全部の部品は偶然に集まって出来上がったなどと考える人は一人もいないでしょう。まぎれも無く船外機はデザイン設計されたのです!

勿論、ここではたった一つの例を述べたに過ぎません。と言うのも細菌性べん毛は幾千に上る複雑な高性能分子機構の中の一つだからです。さらに奇蹟としか言いようのない人間の目の構造、耳、心臓、肺、そして頭脳のデザインは決して“単純化できない複雑性”の原則で成り立っていてこのような複雑なシステムが徐々に偶然に出来上がったと言うのは事実不可能な理論です。

人間の心臓はどうでしょうか? いかなるエンジニアもデザインできない長期間持続する驚異的な水圧ポンプ...

人間の頭脳はどうでしょうか? その連結システムは、クレイ・スーパーコンピューターより千倍速く、どんな電話システムも、全世界の電子装置も、どんなコンピューターも比較にならない超コンピューター... 2

ちょっと待ってください、私はダーウィンがこのように言ったのを覚えています...

    もし、複雑な器官のうちの一つでも、徐々にそして逐次に形成されることはないと、と証明されるなら、私の理論は意味を成さない。3
では次に、ダーウィンの理論を複雑な器官である人間の目に当てはめて深く調査してみます...

次のページに進む!

1 Michael J. Behe. ダーウィンのブラックボックス:進化論に挑戦する生化学、Simon, Schuster, 1996 , 39.
2 Eastman, Missler.時間と空間を越えた創造主、80.
3 チャールズ・ダーウィン、の自然淘汰による種の起源、(種の起源で出版されている1859年11月24日に諸般された進化論の著作)Bantam Books、1996 , 39. 


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

細胞
DNA分子
生命の起源
生命の奇蹟
進化論と化石記録
単純化できない複雑性
インテリジェントによるデザイン
チャールズ・ダーウィン
哲学的人生観

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 単純化できない複雑性 to My Google!
Add 単純化できない複雑性 to My Yahoo!
XML Feed: 単純化できない複雑性
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.