Clicky

人間の目

人間の目

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 人間の目

人間の目
複雑にデザインされた人間の目 - 網膜、瞳孔、虹彩、角膜、水晶体、視神経とそれに関連した他の約40近くに上る補助組織を備えた完全なシステムで形成されています。137ミリオンの特別な細胞でできた網膜は、その内の7ミリオンの細胞が円錐型で色彩を見分け、130ミリオンの細胞はハンドル型の棒状で、光に反応し黒白の視角をコントロールしてそれを脳に送ります。光の印象をとらえた網膜細胞は電気パレスで視神経から脳に伝達します。皮質視角中枢と呼ばれる脳の中の特別な部分は色彩、コントラスト、厚みの視角で現在私たちが目にするすべての物を明確に映し出す役目を果します。驚くことに、視神経と皮質視角中枢は全く異なる補助組織であるにも関わらず、同時に映像を捕らえ、150万パレスで解明し、百万ペア秒で情報を送ります。何十台ものクレイ・コンピュータが協力し合いながら緻密に完璧に任務を実行しているのです。1

驚異的としか言いようがありません。もし目の異なる補助組織が同時に完璧な働きをしなければ目の任務が果せません。このように、相互に完璧に働き合う約40の異なる補助組織が自然淘汰と徐々に偶然に進化したなどとどうして考えられるのでしょうか。

    水晶体、網膜、視神経、と脊椎動物の働きを司る他の部分は突然に発生したのですか?水晶体の発生とまた網膜との相互関係に自然淘汰が関わることも、また自然淘汰で視神経と網膜が分担して違った役目を果すこともない。従って視覚構造が同時に発達したことは明確である。視覚の構造が別々に違う時に発生したと言うなら、一つ一つの器官の働きは任務を果せないので無意味となる。そして自然淘汰の法則を適用すると時間と共に消滅する可能性がある。このようなシステムが自然淘汰からとするのは、想像を絶するほど少ない確率。2
前述は“削減できない複雑性”の重要点でした。複雑な器官はそれぞれ違った役目を果します。ですから関連して働く補助組織は欠かすことができません。偶然発生が“想像を絶するほど少ない確率”であるならば複雑な器官やその他の補助組織が偶然に発生する確率は統計的にみても不可能です。

そう言えば、種の起源の中でダーウィンが特に目の構造の複雑性について述べていたのを覚えています:
    率直に言って、目の独特な装置である距離の違いを調整し、光の明暗を認識し、球状と色収差を訂正する働きが、自然淘汰で発生したなど私は最もばかげた理論であると告白する。3
1850年代、驚くべき目の構造とその働きを認識したダーウィンはその現実にどのように対応したのでしょうか?“全く”不可能であると知っていながら、複雑な目の構造は単純な目から徐々に進化したのだと言い、単純な目の構造を持つ生物を指摘し自分理論に固執しました。

しかし、この前提はもはや支持されることはありません。微生物と遺伝情報の問題に関して現在古生物学は“単細胞生物”と言われる生き物も、最初からその複雑性を備えていたと提示しています。単純と言われる三葉虫でさえ目があり(完全なダブルレンズシステムの)三葉虫の目のシステムは奇蹟的視覚と見なされています。

三葉虫で次のことを思い出しました...私は削減できない複雑性と驚くべきそのデザインについ述べている時、ダーウィンと進化論の主張についてもうひとつ疑問が浮かびました...

次のページを見る!

1 ーレンス・O.リチャード、It couldn’t just Happen,トーマス・ネルソ\ン、Inc, 1989, 139-140。
2 ドクター・エリ・デマーソ\イ、Inheritance and Evolution、出版社Meteksan、アンカラ、475。
3 種の起源 155,ダーウィン。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

細胞
生命の起源
偶然発生
DNA分子
生命の奇蹟
哲学的人生観
微生物
インテリジェントによるデザイン
進化論と化石記録

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 人間の目 to My Google!
Add 人間の目 to My Yahoo!
XML Feed: 人間の目
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.