Clicky

化石の記録

化石の記録

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 化石の記録

化石の記録 - その証拠は“過渡期”形ですか?
次はダーウィンの最も正直な告白です:

    第一に、もし、別の種類がわずかな漸次的変化によって他の種類に変化したならば、どうして移行する過渡期の化石がないのか? どうして現在私たちが目にする自然は混乱せずはっきりと種類別に秩序を保っているのか?1

    進化論によれば、現在でも変化期の事実は無数にあるはずなのに、なぜ地殻の中に過渡期の証拠が発見されないのか?2

    私の理論が正しいならば、今でも種類に従った移行期の化石層は無数にあって良いはずだ。3

    しかし、どうして地質形成と地層には中間リンクがないのか? 地質の中に、徐々に進化した生物とその過渡期層は未だに発見されていないので、私の理論を確証しない。4

科学界では現在でもダーウィンの進化論を認めているので、過渡期の生物とその地層はどこかにあると考えています。しかし、150年後の今日でも過渡期の地層は発見されていません。ダーウィン自身が提示した“巨視的進化”マクロ進化が真実であるならば、変化中の生物が埋もれた地層が発見されても良いはずです。進化論が正しいとするなら、過渡期の化石地層は進化した生物の地層をはるか上回る数になります(数学の原則)。しかし、変化期の化石と地層は一つも発見されていません。

現在博物館には何千万に上る化石標本があります(スミャjア自然歴史博物館だけでも4千万)。もしダーウィンの説が本当ならば、少なくとも数千、数億の過渡期の形が発見されているはずです。最近亡くなったスポークスマンの指導的立場であり、ハーバート大学教授の古生物学、地質学教授、スティーブ・ジェイ・グールド(Stephen Jay Gould)氏はこのように言いました、“極度に希薄な過渡期の化石の記録については、古生物学の不正の秘密である” 5

続けて:
    斬新主義(徐々に変化)による化石種の歴史には二つの矛盾した特徴がある:1.統計。殆んどの種類は地球に存在している期間に方向変換したと言う証拠がない。それらの種類と化石の記録を見ると、消滅したときとなんら変わっていない...2.突然の出現。どこの地域でも種類が徐々に変化して一定の形になった例は見られず、全ては最初から“完全な形をして”出現した。6 私たちの教科書に綺麗に装飾された進化論の木はその枝の先に一寸だけ情報をくっ付けただけのもので、あとは推測である。化石からの証拠ではなく最もらしい道理である7
明確にしなければんりません!過渡期の化石はあるのですかそれともないのですか?もしGould氏が“極端に希薄”また“殆んどの種類は方向変化した証拠が無い”と声明したならば、化石の記録に、少なくとも方向変化した種類が少しはあるということですか?

次のページを見る!

1 ダーウィンの種の起源、143。
2 同、144.
3 同、149.
4 同、239.
5 自然の歴史86(5)、197,14.
6 同、13.
7 Gould氏による“進化論の迷子石”、自然の歴史、Vol. 5, 1977.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

進化論
偶然発生
化石記録に伴う問題
生命の起源
インテリジェントによるデザイン
生命の奇蹟
哲学的人生観
DNA分子
単純化できない複雑性

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 化石の記録 to My Google!
Add 化石の記録 to My Yahoo!
XML Feed: 化石の記録
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.