生命の創造

生命の創造

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> 生命の創造

生命の創造 - 最後の試み
本章の執筆が終る少し前私は友人から“偶然”に生命が発生した証拠が実験調査で立証されたと言う情報を付きつけられました。一寸した議論から分かった彼の言い分は;1950年代、ハロルド・ユーレイとスタンレー・ミラーが、沸騰した熱湯とアンモンニャ、メタンと水素をビーカーと試験管の中で念入りに混ぜ合わせた“電気スパーク法”の“スパークとスープ” だったのです。このような実験から“生命の要素”であるアミノ酸が、たった一つか二つ発生しただけで、マスコミは地球上の前生物は偶然に発生しのではないか、と主張するのです。1

驚くことに、スープの最も大きな副産物は生命システムに有毒なタール(85%)とカルボン酸(13%)です。実験に付随する数多くの問題は報告されていないのが現実です。このように実験室で発見されたアミノ酸から生命は確かに偶然発生したのだ、と飛躍するのは、レンガ粘土の生産方法が発見されたので、ニューヨークの高層ビルは確かに偶然にデザインされ偶然に建てられたのだと判断するのに似ています。

科学について友人ともう少し討議が続いた後、私は彼に図解を手渡しながら...

“では、カエルをミキサーに入れ、7分間ミックスして泡立ったホイップ状にしてみよう。”

彼は変な顔をして私を見ました...

“ミックスしたものを別の入れ物に移し、日の下に何百年間置いて見よう。何百万年の後、その入れ物を回収して中の成分を調べてみよう...

“カエルが発生したと思いますか?”

彼は2秒ほど間隔をおくと直ぐに...

笑いながら“いや、カエルじゃなくてスープがあるだけだろう。”

私は彼に同意して“その通りだね”と答えてから、このように言いました。“スープ状の混合液にカエルの生命となる告ャ要素だけがあっても、それぞれの必要を連結しようとする情報コード無くしてどんな生命体の存在もあり得ない。”

この簡単な、しかしグラフィックな方法からアミノ酸、たんぱく質、カエルの形と分子の全て起こりうる方法を当てはめて、カエルを作り出そうと考案しました。これと同じ方法を原始地球の“前生物スープ”に当てはめて見ましょう。前生物スープがどんなに長い年月経たとしても、一つでもアミノ酸が発生すればラッキーです。ですからカエルの生物学的要素については言うまでもありません。

次のページに進む!

1 ヘラルドC ユーレイ、The Planets 、起源と発展、1952年、エール大学プレス;スタンレー・ミラー、科学、vol. 117, 1953, 528-529。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

インテリジェントによるデザイン
単純化できない複雑性
偶然発生
宇宙の起源
生命の起源
微生物
生命の創造
進化論
DNA分子

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 生命の創造 to My Google!
Add 生命の創造 to My Yahoo!
XML Feed: 生命の創造
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.