チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ダーウィン

 
クスコ゚ーフテヨ: 道程 >> チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ダーウィンと種の起源
1831年、“チャールズ・ダーウィン”はHMSビーグル船に船客として乗り込みました。5年に亘る航海の途中南アメリカ沿岸を通過し、多種多様な動物を観測しました。ダーウィンはその中でもくちばしの大きさ、形が様々に違うガラパゴスフィンチの集団に注目しました。“起源の学説”は異なる動物の観察から心を動かされたダーウィンの初期の理論となったのです。彼は1836年イギリスに帰国。

1842年、ダーウィンは自然淘汰の方法、または(Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life)、種の起源を起草しました。彼の仕事は チャールズ・ライリー(Sir Charles Lyell)の地質学の原理(1830年)とトーマス・マルサス(Thomas Malthus)の人口の原理(1798年)に大きく影響されました。種の起源が発刊されたのは1859年。

ダーウィンの本を読んで私は彼が好きになりました。種の起源の内容を簡単に言うと、私たちが目にする全ての動物の種類と植物は“自然淘汰”の方法で原始の単細胞生命から徐々に進化したのだ、と提示されています。“改善されながら受け継いでゆく”ことを明確にしたダーウィンの進化論の定義は実際楽しく読ませてもらいました。

しかし100年後、科学者達はダーウィンの基本的理論を考え直さなければならない危機に迫られました - -地味なプロセスが “自然淘汰” であって、単純が複雑に発展するのではありません。科学者達が自然界の遺伝的特徴を見直したとき、ダーウィンの最初の理論は書き換えざるを得ません。全生物は共通の先祖から進化したのだと自然淘汰が叫んでも、進化途中と異変の実例と、その証拠は未だかって発見されていません(有害な“下降”異変は観察している)。以上が今日の不確実な情報に基づく進化論の推測です。

しかし、進化論の木の一番下に描かれた“共通先祖”についてはどう説明するのですか?

次のページへ!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

哲学的人生観
チャールズ・ダーウィン
進化論と化石記録
進化論
単純化できない複雑性
偶然発生
インテリジェントによるデザイン
生命の起源
微生物

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add チャールズ・ダーウィン to My Google!
Add チャールズ・ダーウィン to My Yahoo!
XML Feed: チャールズ・ダーウィン
道程 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutTheJourney.org, 著作権所有.